トップ > 学校生活 >

青雲寮(男子寮)

 

全国から集まる仲間と共に高め合い、共に育つ。
東大・難関国公立大学医学部を目指す。
協同生活の中でこそ、培われるものがあります。

 

概要

平成4年4月に学園敷地内に設置された、通学時間およそ2時間以上の生徒を対象とする男子寮です。

青雲寮は単なる寄宿施設ではなく、集団生活を通して人間的な成長を目指す教育施設です。スポーツ大会やバーベキュー大会、映画鑑賞会など寮生のためだけの行事も多彩、絆を深め合いながら充実した生活を送ることができます。

また、東京大学や難関国公立大学医学部をはじめとした志望校合格のために、

青雲寮独自のサポート体制を用意しています。

青雲寮の教育目標

1、 自主自立の精神を養う

親元を離れ集団生活の中で、人を頼らず、自らの考えと計画をもとに、自らの生活をプロデュースするという自主自立の精神を養うことができます。

2、 他者との協調を学ぶ

共同生活の中で友情を育み、よりよい人間形成を目指しています。スポーツ大会やバーベキュー大会、映画鑑賞会などの寮生のためだけの行事も多彩。多くの人の様々な価値観に接することで、他者を尊重し、他者と協調することを学びます。

3、 安定した生活習慣の確立

青雲寮には日課というみんなで守るべきタイムスケジュールがあります。起床・食事・入浴・学習・就寝などが規則正しく決められ、安定した生活リズムが出来上がります。

4、 独自のサポート体制を用意

同居する寮父・寮母と各学年のチューター(本校教員)が緊密に連携をとり、生活面・学習面のサポートをトータル的に行います。

施設

充実した施設が寮生の生活と学習をサポートします。

 


  1. 小部屋(4人以内)19室(高校生)
  2. 大部屋(8人以内)8室(中学生)
    ※小部屋、大部屋ともに個人用のクローゼットが設置されています。
  3. 学習室
  4. 補習室
  5. ホール
  6. 事務室
  7. 大浴場
  8. 洗濯室
  9. 保健室

青雲寮の生活

寮生の生活は、宿舎内に同居する寮父・寮母をはじめ、専属スタッフがサポートします。また、学年ごとのチューター(本校教員)が学習・生活両面にわたって指導します。

寮長 東 孝信

学年も出身も生活習慣も性格も違う100名あまりの 中高生が共に生活しています。時には自分の主張より 他人に合わせなければならないこともあります。常に 「己の欲せざること人に施すなかれ」という気持ちが 大切です。この経験が公共性、協調性、社会性となって 社会で大きく花開きます。私は寮生が寮生活をしている 時間帯は、寮長室にいるよう心がけています。気軽に 相談してください。いつでもWelcomeです。

寮父 中尾 実世志
寮母 中尾 久江

安心して学園生活や学習に集中できるようお手伝いできたらと思い、みなさんに接しています。また、精神的に落ち込んだり、困ったことが起きた時には、気軽に話しかけてもらい、すぐに気づいてあげられる、そんな関係づくりを心がけています。寮長、各学年のチューターの先生方と協力して、いろんな面から生活をしっかりサポートしていきます。

寮生の生活は、宿舎内に同居する寮父・寮母をはじめ、専属スタッフがサポートします。また、学年ごとのチューター(本校教員)が学習・生活両面にわたって指導します。

日課

規律正しい集団生活を通して基本的生活習慣や学習習慣を身につける共同生活の中で友情をはぐくみ、よりよい人間形成を目指しています。

食事

朝食は朝礼後、夕食は放課後18時以降に学園食堂でとります。専属の栄養士が栄養バランスを計算し、健康面・栄養面に配慮しています。 昼食は青雲寮で配布される食券を利用して学園食堂でとります。なお、西大和学園ではお昼休みに数種類のお弁当販売を行っているほか、寮生専用のお弁当を注文することもできます 寮生は月に1度、近くの飲食店で夕食をとる「特食日」を設けています。 牛乳やヨーグルトは、寮で注文を受け付け配達されます。

健康管理

寮夫・寮母が住み込み、日々のコミュニケーションはもちろんのこと、健康面や生活面のサポートを行っています。

また、病気になったときなどにも寮夫・寮母が責任を持って病院に付き添います。

なお、学校周辺には内科、外科、耳鼻科、眼科など各科医院や歯科医院、総合病院が複数揃っているので安心です。

 

洗濯・清掃

制服・ワイシャツ・体操服・靴下・肌着・タオルなどは、寮のスタッフが洗濯、乾燥をします。 ただし、私服は各自の洗濯となります。 また、居室の清掃は各自で行いますが、共有スペースは寮のスタッフが行います。

 

 

 

学習サポート

学習時間中の監督者による個別指導だけでなく、中学生を中心に数学や英語の補習や英会話教室などの学習サポートも行います。

また、高校生には、目指す進路への意欲をかきたてる卒業生による講演会や見学会を実施。特に高校3年生には、卒業生による学習相談や進路相談など、一人ひとりのニーズにあわせた学習サポートシステムを用意しています。

 

学校との連携

各学年ごとに置くチューターが、学校生活のサポート、寮と学校との連携に努めています。ご家庭への連絡も主にチューターが行います。

 

 

 

 

閉寮期間と帰省

土曜日の午後、日曜日、祝日は申し出により帰省することができます。

GW、夏休み8月の中旬約10日間、年末・年始約1週間、春休み約1週間は閉寮になります。閉寮期間中は原則として帰省していただきます。

青雲寮の行事

長期休暇の期間を除き、およそ1ヶ月に1度、寮生独自の様々な行事を行い、寮生相互の親睦を図っています。

 

特食(毎月)

バーベキュー大会(4月・7月)

スポーツ大会(5月・9月)

映画鑑賞会(6月・10月)

クリスマス会(12月)

餅つき大会(1月)

遠足(2月)

保護者への情報発信

寮内のコンピューターを使ってメールが送受信できるほか、チューターからもメールや電話で様子を随時お知らせします。
青雲寮保護者専用ホームページでは、連絡事項や寮のようす、毎日の食事メニューなどを閲覧することもできます。

寮通信
本校ホームページ内に寮生保護者専用のページを設けて寮生活の様子を紹介しています。
中学保護者懇親会
中学生の保護者には、中学体育祭前日に保護者懇親会を実施しています。
高校保護者懇親会
高校生の保護者には、育友会総会当日に保護者懇親会を実施しています。
地域別保護者会
東京、名古屋、岡山、福岡など年に1回、11月を中心に各地で実施します。
学年別保護者会
年1回、学校行事等で来校される機会に実施します。

寮生の出身地

青雲寮

費用

入寮費 入寮時 :120,000円
寮費

月額:85,000円(朝・夕の食費、室料、人件費、水道光熱費、雑費等を含む。)

その他 寝具リース代:36,000円(年額)
学習椅子代:10,000円(入寮時)
生活費預り金:31,000円(月額/小遣い、昼食代など余剰金は希望により返金)

 

お問い合わせ・資料請求

※本校は、全国私立寮制学校協議会(全寮協)加盟校です。加盟校一覧はこちらへ。