トップ > 学校生活 > 知的教育 >

教育内容

校時表

校時表(平日)
855(小テスト) 8:55~ 9:05
SHR 9:05~ 9:15
1限 9:15~10:05
2限 10:15~11:05
3限 11:15~12:05
昼休み(40分)
4限 12:45~13:35
5限 13:45~14:35
6限 14:45~15:35
終礼/清掃 15:35~15:55
(7限) (15:55~16:45)
最終下校 18:20

校時表(土曜)
SHR 8:55~ 9:05
1限 9:05~ 9:55
2限 10:05~10:55
3限 11:05~11:55
4限 12:05~12:55
終礼 簡易清掃 12:55~13:10
最終下校 18:20

学習指導

本校では、6年間を貫いた独自のカリキュラムを編成しています。基盤となる教科書や問題集以外に、多様な実験や研究発表、独自教材を通じて、知的好奇心に満ちた効果的な学習をすすめます。

教育課程

各教科指導の特徴

多読の授業で速読力を養う

英語

中学高校一貫して、4技能(読む力・聞く力・書く力・話す力)の獲得を目指した指導を実施しています。中学ではクラスを半分に分けてネイティブスピーカーの教員による「国際理解」の授業を実施しています。また中2から『多読』の授業を導入し、推理やコメディ・SF・人間ドラマなど各自が関心のある英語の本を読むことで、日本語を介さずに英語をそのまま理解できるよう訓練しています。高校では、大学進学に向けて、読解・作文・文法・語彙・リスニングについてバランスよく力を身につけられるようにカリキュラムを編成しています。

数学

豊かな思考力を育成するには、確かな計算力を培うことが大切となります。そこで低・中学年ではまず計算力を強化させ、基礎・基本の理解に重点をおいた指導をしています。高学年では、授業だけでなく、授業時間外でも多くの数学教員が教科指導に関わり、論証や表現力の養成に力を入れています。大学進学まで見据えた内容を、本校オリジナルの教材を利用しながら、生徒一人ひとりの力を最大限に発揮させる取り組みを行っています。

国語

中学校においては、「ことば」を意識した活動を重視しています。例えば、辞書を引いたり、作文を書いたりなど「語彙力」や「表現力」が身につく活動を行っています。高校においては、大学進学に十分に応用できる「読解力」や「表現力」が身につけられるカリキュラムを実践しています。

多彩な実験で知的好奇心を刺激する

理科

中学から物理・化学・生物・地学にわけて授業を行います。各授業は専門の先生が担当して実験を中心に展開し、生徒の「興味・関心」を十分に引きつけ、「自ら考える力」を育むことを目標にしています。高校ではより専門的な内容にまで触れ、「知的好奇心」を刺激する授業を展開していきます。大学進学に対応するだけでなく、「考える力」をもとに「理科のおもしろさ」を実感できる内容にしています。

社会

中学から地理・歴史・公民の3分野に分けて専門性の深い授業を展開しています。中1では地理・公民、中2と中3では歴史・地理を学習します。基本的知識の習得だけでなく、興味深いテーマについては調査・研究・発表に取り組ませ、表現力の強化も図ります。高校では、高1は現代社会・地理・世界史が必修です。高2と高3は世界史・日本史・地理から、文系は2科目、理系は1科目を選択し(ただし、高3理系は政治経済を加えた4科目から選択)学習します。多くの科目を複数学年にわたって学習することで、大学進学にも十分対応できる学力を養成します。

授業&フォロー

西大和学園の日々の授業で重視していることは、特別な受験技術を磨くことではなく、毎日毎日の学習内容をその時その時で確実に身につけさせることです。わからないことを後に残さない学習指導で、万全のフォロー体制を整えています。