トップ > 学校紹介 >

沿革

沿革

1985(昭和60)年

12月

学校法人西大和学園設立認可 理事長に田野瀬良太郎就任

西大和学園高等学校設置認可

1986(昭和61)年 4月 西大和学園高等学校開校
1987(昭和62)年 12月 中学校校舎竣工
1988(昭和63)年 3月 西大和学園中学校設置認可
4月 西大和学園中学校開校
1990(平成2)年 9月 高等学校入学試験帰国子女枠設置
1991(平成3)年 4月 文部省「帰国子女教育研究協力校」として指定
7月 中学校校舎増築竣工
1992(平成4)年 1月 学園食堂及び自彊館道場(柔道・剣道)、トレーニングルーム竣工
4月 「西大和学園青雲寮」竣工
1993(平成5)年 4月 西大和学園カリフォルニア校開校
(1996年3月文部省より在外教育施設に認定)
1998(平成10)年 4月 白鳳女子短期大学開学

2008(平成20)年

4月

2代目理事長に田野瀬太樹就任

2010(平成22)年 10月 学校法人西大和学園創立25周年記念式典挙行
2014(平成26)年 4月 西大和学園中学校女子中等部設置

創始者 田野瀬 良太郎(前衆議院議員)

学校法人西大和学園西大和学園中学校・高等学校の創立者は、当時、奈良県議会議員で文教委員を務めた田野瀬良太郎である。 田野瀬は、文教委員として教育行政の現状を調査する中で、毎年奈良県から大阪府下の私立高校へ進学する生徒の数が約3,000名を越している状況を憂い、昭和61(1986)年に進学を目指す男女共学の高等学校を王寺駅からほど近い河合町の丘の上に設立した。 その実行力と前向きなプラス思考の精神は、学園設立の発想や取り組みにも貫かれている。