トップ > 進路>

進路指導


本校では「次世代を担うリーダー」の育成のため、
大学進学後の人生の夢や目標を持たせる進路教育に力を入れています。

進路サポート

「主体的な学習行動には、進路観(目的意識)の育成が大切」という観点から、人生の目標を持たせる教育にも取り組んでいます。仕事、学問、進学先など様々なことから、「将来やりたいこと」や「なりたい自分」を考えさせていきます。特に中3からは、進路を考える上での情報やヒントを数多く準備した上で計画的にサポートしていきます。夢や目標への想いをしっかりと持つことにより勉強する意味を考えさせ、学問への興味・関心を深めていきます。

進路講演会と卒業生による職業・研究ガイダンス

京都大学副学長 大西 有三先生

カリフォルニア工科大学名誉教授・地震学者の金森博雄先生や東京大学大学院教授・元国連大使の北岡伸一先生、京都大学副学長の大西有三先生、東京大学名誉教授の養老孟司先生など、さまざまな分野の第一線で活躍される方々を講師にお招きし、進路講演会を実施しています。
またさまざまな卒業生に呼びかけ、自分の「仕事」や「研究内容」を講演や講座で語ってもらったり、「進路の手引き」の研究NAVIで紹介してもらったりしています。今後も、将来の研究や仕事の具体的なビジョンを築く上で役立つ講演会等を提供していきます。

※進路講演会は心の教育講演会の一部として実施しています

「進路の手引き」の発行

毎年、最新の入試情報や大学入試問題の傾向、対策を詳細にまとめています。センター試験や二次個別試験などの大学入試のさまざまなデータはもちろんのこと、卒業生合格体験記による学習生活アドバイスも載せています。さらに進路に関する一年間の「学年別スケジュール」や卒業生による「研究NAVI」など役立つ情報が満載です。中1から全生徒に配布し、進路を考える上で役だてています。